●ほう・れん・そう?●



ファンシーショップ・ルルドのママからのメール
「香ちゃん、今日リョウちゃんが、ウチのお店の前をブラついてたわよ?」
「……へぇ~?」



ランジェリーショップ・パラダイスの店長からの電話
「あのね?リョウちゃんが迷ってるようだったから、香ちゃんはこのへんのデザインが好みよって、言っといたわ」
「……は、ははは(苦笑)」



コスメティック・サファイアの店長からのメール
「リョウちゃんたらあまりに可愛すぎる色味を見てたから、この春の新作で、香ちゃんにぴったりの色をおすすめしといたわv」
「……ははは……どうも」



ジュエリーショップ・夜会のオーナからの電話
「ねぇ香ちゃん?リョウちゃんがあまりにも安っぽいシケたのを見てたから、
"男ならこれくらいドカンと懐の大きいトコ見せなさい"って、言ったからね?
あ、でもちゃぁんと、リョウちゃんがツケ無しでも払えるくらいのだから、安心して?」
「……お、お気遣い、どうも……」



ホワイトデーが近づいて、街のあちこちの顔見知りから、あれやこれやと毎日のようにメールやら電話が来るようになった。
リョウのあほんだらが、やれケーキショップを覗いてただの、フラワーショップをチラ見してただの。
揚句の果てには、貴金属店で腕組みして唸ってた……なんて話しには、申し訳ないけど思わず噴き出しちゃったわ?



リョウが無愛想でぶっきらぼうで、素直に感情を表に出せない質(たち)だって、わかってる。
そんなリョウが、らしくもなく一生懸命になってくれるのが、年に3回。
クリスマスと私の誕生日と、そして来(きた)る、ホワイトデー。
クリスマスは……まぁ、パーティー気分でさりげなく出来そうだし、
私の誕生日はアニキの命日でもあるから、最近はまぁなんとなく、ちょっと豪華なお夕食……みたいな感じなんだけど。
ホワイトデーに関しては……なんだかどうも、ちょっぴり苦手みたい。
まぁ世間的にも恋人同士のイベントって意識感が拭えないし、春のせいか、町中いたるトコロにピンクだらけだもんね。
どうもむず痒いコト、この上ないらしいのよ。(苦笑)



フレンチレストラン・シーサイドのオーナーからのメール
「香ちゃん?リョウちゃんがそれとなくウインドー覗いてたから、
ホワイトデーの特別ディナー、まだ空いてるよって言っといたからね」
「……ははは……どうもぉ~」



勝手知ったるリョウの懐事情から察するに、どう考えてもアクセサリーだのの線は無いとみた。
ましてや貴金属なんて、だろうし、お花かお菓子が妥当なトコよね。
はてさて、この新宿にいる限り、どうしたってその行動が筒抜けなリョウのコト。
今年はどんなホワイトデーになるのかは……
「乞うご期待ってトコロ、かな?」
カーテンの向こう、未だどこか新宿の街をあてどなくさまよってる誰かさんを思いながら、
春らしく気持ちよく晴れた空に向かって、くすりと笑った。



END    2017.3.14