001 雨宿り。君の服が濡れている。
      秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ
002 洗濯物に白いシャツ。
    
春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山訪れ。
003 ひとりで眠る。ながいながい夜。
     あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む
004 高い山に降る雪。近景より鮮やかな遠景。
     田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士のたかねに 雪は降りつつ
005 声を聞くとさみしくなる。
     奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき
006 君と僕の間に、降り積もる時間と何か。
     カササギの 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける
007 あの月はいつか見たのと同じものなのに。
    
天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも   
008 余計なこと言わないで。好きなことしてるだけなの。
     わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり
009 サクラチル
     花の色は 移りにけりな いたづらに 我身世にふる ながめせしまに
010 君と僕はいつかそこで一度だけすれ違った。
     これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも あふ坂の関
011 「遠くに行きます」/どこに行くとは言わないけれど
     わたの原 八十島かけて 漕き出でぬと 人には告げよ あまのつりぶね
012 閉じ込めてしまおうか?
     天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ
013 重なる思い。深い淵。/溺れてしまえばいいんだよ。
     筑波嶺の みねより落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる
014 夜明けの雪原。月の夜みたいに。
     朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪
015 夜明け、君のために花を摘む
     君がため 春の野にいでて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ
016 君が待っていると聞いたなら、今すぐにでも帰るのに。
    立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む
017 こんなにも紅い川は、神様だってきっと知らない。
     ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは
018 夢でも逢ってくれない人。
     住の江の 岸に寄る波 よるさへや 夢のかよひ路 人目よくらむ
019 君に逢わずにどうしろって言うのさ?
     難波潟 短かき蘆の 節の間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや
020 たとえこの身が滅んでも。/知られたらお終い
     わびぬれば 今はた同じ 難波なる 身をつくしても 逢はむとぞ思ふ
021 月を待っていたわけじゃないんだ。
     今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな
022 山+風=嵐(漢字は自由)/だから○○って言うんだ
     吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ
023 哀しいのは私だけじゃなくて
     月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど
024 神様への捧げもの。
     このたびは ぬさもとりあへず 手向山 紅葉のにしき 神のまにまに
025 君をさらってしまおうか。
     名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
026 君に心があるならば、次が来るまで待っていて。
     小倉山 峰の紅葉ば 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ
027 いつから君のこと好きだった?
     みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらむ
028 さみしいのは誰もいないから。
     山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば
029 間違えた素振りで、君を手折ってしまおうか。
     心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花
030 朝は嫌い。君が帰るから。
     有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし
031up 夜明けの雪原。月の夜みたいに。
     朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪
032 君がかけた僕のしがらみ(まとわりついて離れないもの)
     山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり
033 穏やかな春の日。散り急ぐ花。停滞と性急。
     久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
034 友達はもういない。
     誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに
035 花だけは今も変わらず香るのに
     人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける
036 夜明けに月を探してる。/君はどこに行ったの。
     夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ
037 切れたネックレス。散らばる真珠。
     白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける
038 忘れられた私。死んでしまうあなた。喜劇的な悲劇
     忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな
039 忍ぶしかない恋なのに。
     浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき
040 「何か悩んでるの?」って言われてしまうなんて。
     忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで
041 「君は好きな人がいるんだって、噂で聞いたよ」
     恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか
042 ずっとあなただけが好きだと言ったのに。
     契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波こさじとは
043 君に逢うまで、こんな苦しみ知らなかった。
     逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり
044 恋をしなければ良かったの。
     逢ふことの 絶えてしなくば なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし
045 僕が今消えても、泣く人などいないよ。
     あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな
046 行方知れずの恋
     由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え ゆくへも知らぬ 恋の道かな
047 そこに秋が来たことを、知る人は誰もいない。
     八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり
048 砕け散る気持ち。知らぬふりのあなた。
     風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな
049 昼はしんしん、夜はごうごう。
     みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は消えつつ 物をこそ思へ
050 命なんかかけられるから、今は少しでも傍にいる。
     君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな
051 僕がどれだけ想っているのか、君が知ることはないでしょう。
     かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしもしらじな 燃ゆる思ひを
052 わかっていても憎たらしいの。
     明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな
053 どれだけ待ったか本当にわかってる?
     嘆きつつ ひとりぬる夜の 明くる間は いかに久しき 物とかは知る
054 忘れないよと言われたから、今日のうちに死んでしまおうか。
     忘れじの 行末までは かたければ けふをかぎりの 命ともがな
055 今はもうないそれの名を。
     滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ
056 せめてあと一目だけでも
     あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの あふこともがな
057 会えたと思えばもういない
     めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな
058 そうよ、忘れられたのは私でしょう?
     有馬山 ゐなの篠原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする
059 こないと知っていたなら、最初から待ったりしなかったのに。
     やすらはで 寝なましものを 小夜ふけて 傾ぶくまでの 月を見しかな
060 まだ見ない。まだ着かない。
     大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
061 いにしえの都、今日の華やぎ
     いにしへの 奈良の都の 八重ざくら けふ九重に にほひぬるかな
062 嘘をついても許さない
    
夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ     
063 「諦めます」と言いたくて
     今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな
064 朝霧。だんだん見えてくる
     朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々のあじろ木
065 恋なんてしてないわ。/恋が名誉を傷つける
     恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ
066 花だけが知っている。
     もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし
067 春の夜の夢
     春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ
068 いつか、今夜の月を思うだろう。
     心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな
069 川を彩る紅葉/僕にとってそれはそれではなくて。
     嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の にしきなりけり
070 どこにいたって
     さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづこもおなじ 秋の夕暮れ
071 風の訪れ
     夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆のまろ屋に 秋風ぞ吹く
072 信じたりしないよ。君の言葉なんて。
     音に聞く たかしの浜の あだ波は かけじや袖の ぬれもこそすれ
073 その景色を隠さないで。
     高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ
074 どうか忘れさせてと祈ったのに。
     憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを
075 空約束/はかない約束を信じている
     契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり
076 遠く。雲のような白波。
     和田の原 漕ぎ出でてみれば 久方の 雲居にまがふ 沖つ白波
077 別れても/無駄だと知ってて横恋慕
     瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ
078 睡眠不足。他人の恋路。
     淡路島 かよふ千鳥の なく声に いく夜ねざめぬ 須磨の関守
079 ほのかにこぼれる光と影と
     秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ
080 乱れた黒髪。物思いの朝。
     長からむ 心もしらず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ
081 声だけ残して消えた人。
     ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる
082 耐えられないのは涙だけ
     思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり
083 こんなところにまで来たの?
     世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる
084 いつか明日になるはずだから
     永らへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき
085 四角い隙間。淋しい空白。
     夜もすがら 物思ふころは 明けやらで 閨のひまさへ つれなかりけり
086 涙の口実
     嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな
087 濡れた景色
     村雨の 露もまだひぬ まきの葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮れ
088 一夜限りの恋だから
     難波江の 蘆のかり寝の ひと夜ゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき
089 死んでしまえばいいのに。
     玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする
090 色は変わらず
     見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず
091 霜降る夜/ひとりでおやすみ
     きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む
092 水底に隠された
     わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそしらね かわく間もなし
093 どうかそのままと願うのに
     世の中は つねにもがもな 渚漕ぐ あまの小舟の 綱手かなしも
094 更ける夜。深ける冬。底に響く。
     み吉野の 山の秋風 小夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり
095 身の程知らずなゆめをみた。
     おほけなく うき世の民に おほふかな わがたつ杣に 墨染の袖
096 花嵐の庭。過ぎ行く時間。
     花さそふ あらしの庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
097 来ない人を待っている。
     来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ
098 それは夏のしるし
     風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける
099 手のひらの中の世界
     人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は
100 そんなものの過去にさえ
     ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり

百人一首をイメージして作られたお題です。
100通りの解釈が難しいですが、その中で
私なりのCH色を出せたらな…と。

お題・百人一首